私はマンショ暮らし派でしたが、最近、仕事をとおし一戸建ての住まいに魅力を感じた理由について。

お気に入りの一戸建てを手に入れるには

お気に入りの一戸建てを手に入れるには

理想の住まいはマンションか一戸建てか?

お気に入りの一戸建てを手に入れるには
私は大阪で1人暮らししていたときは八年間くらいずっとマンション暮らしでした。駅が近いマンションに住んで、繁華街にも近い立地に住んでいました。大阪で家を買うとなると、大阪の住宅事情ではある程度の家は大阪市内から離れた郊外になるし、市内なら狭小住宅と、何かと不便そうなイメージがありました。しかし、断然マンションの方が暮らしやすくて便利というのはまったくの先入観でした。

最近、建設会社の事務の仕事を通じて、一戸建てを建てる現場に行ったり、家ができあがるのをみていると、家というのは、それぞれの家族の夢が詰まっているような気がしてきました。好きな間取りや、インテリアなど相談して形になっていく過程は、マンションでは味わえないものです。また、庭や、二階建て、三階建てなども、マンションにはない魅力です。マンションと違い、資産としては土地付きっていうところも強みです。築年数が古くなっても土地付きなら更地にして売ることもできますが、マンションだと築年数が30年過ぎると売りにくくなります。都会では、土地の値段が高いので、三階建てが多いです。でも、住まいの間取りの工夫次第で、土地の狭さを逆手にとることもできます。場所によれば郊外でも、大型ショッピングモールもあり、市内より便利なところも多いことに気づきました。また最近は介護のためエレベーターをつけることもできて、マンションのようにバリアフリーにすることも可能です。ライフスタイルによって、住宅事情はさまざまですが、家の良さを発見できて、将来的には家が欲しいと思うようになりました。

注目情報