子どもが二人になってから引っ越した一戸建ては、庭もあり部屋も多いので、とても快適な住まいです。

お気に入りの一戸建てを手に入れるには

お気に入りの一戸建てを手に入れるには

一戸建てで余裕のある快適な住まいを実現

お気に入りの一戸建てを手に入れるには
子どもが二人生まれて、住んでいた都心のマンションが手狭になってしまい、郊外の一戸建ての家に引っ越しました。住まいが広くなり、とても快適になりました。一戸建てだと、駅から遠いというイメージのある人が多いでしょう。しかし、郊外の私鉄の駅から徒歩五分程度のところで、お手頃な物件が見つかりました。都心までは電車で一時間程度の場所です。庭付きの4LDK、二台分の駐車場付きで、二千万円前半でした。

一戸建ての住まいは、やはり以前の住まいに比べて、とても広くてのびのびと過ごせます。子供達は個室を持てるので喜んでいますし、小学校入学前の長女には学習机を購入しました。子供部屋には二段ベッドと、おもちゃのジャングルジムとブランコを置くスペースもあります。庭では砂場や三輪車で遊べて、ガーデニングもしているので、子供達が毎日お花や野菜に水やりをしてくれます。目の前にも一戸建てがたっているので、一階のリビングの日当たりはあまりよくありませんが、二階のお部屋は冬も比較的日当たりがよくて暖かいので、日中家にいるときは二階で過ごせば問題ありません。暑い時期は日当たりの良くない一階の部屋が涼しくて快適です。また、一階には和室もあり、実家の親や友人が泊まりに来たときにとても重宝します。部屋が広いと掃除が大変というイメージがありますが、お掃除ロボットを購入したのもあり、マンションの頃とそう変わりません。子育てにもちょうどよい一戸建ての住まいにとても満足しています。

注目情報