どんなに古くても住まいだけはアパートやマンションを探さずに一戸建てか平屋建ての家を探し続けてます

お気に入りの一戸建てを手に入れるには

お気に入りの一戸建てを手に入れるには

住まいは必ず一戸建てか平屋がいい

お気に入りの一戸建てを手に入れるには
1人暮らしなら自分だけの考えでいいし、家族や誰かと一緒なら気になるのがどんな家に住むかという事です。そういう意味で住まいはどんなに築年数が長く古くてもやはり一戸建てが1番いいですね。実際今現在の住まいは賃貸ですが一戸建てです。かなり木造の古い建物ですがトイレとお風呂は別になっているし、狭いながらも部屋数もそれなりにあるので自分の部屋があります。そして私は2階で母親は1階で別になっているので自分専用の空間という物があります。これがマンションやアパートだと自分の部屋という物は無いし個人のプライベートな空間が無いと思います。そして何よりユニットバスということになれば1人暮らしなら関係はないけどどちらかが入っているとやはり気になりますし遠慮しないといけないので、気をつかいます。

後、一戸建てのいいのはやはり隣りの家と離れている分多少の音などは気にしないでいいところですね。アパートやマンションだと自分が1階にいれば上の音や隣りの音が気になるし自分も音を出さないように気をつけないといけないし自分が上に住んでいれば下に音が響かないか気になってしまいます。そういう隣近所の音の問題はアパートやマンションの場合特にあると思うので住みたいとは思いません。だから1人暮らしをするような事になったとしてもどんなに木造で古くてもましてや平屋建てだとしても、そして何より最寄駅や帰り道が遠くても一戸建ての家を探したいと思います。

注目情報