住まいとして一戸建てを選ぶことにはメリットとデメリットがある。住む人の好みによって価値が変わってくる。

お気に入りの一戸建てを手に入れるには

お気に入りの一戸建てを手に入れるには

住まいとしての一戸建ての利点について

お気に入りの一戸建てを手に入れるには
私は、いづれは終の住まいとして一戸建てに住みたいと考えています。今は中古の分譲マンションに住んでいます。およそ5年前に購入したもので、立地条件は大変よいのですが、部屋自体の広さに乏しく、ゆとりがないことに不満を持っています。今は家族3人でちょうどよいのですが、これからまだ家族を増やしたいと考えているので、いづれゆとりのある一戸建て住宅に引越しをしたいと希望しています。

一戸建て住宅に住むことのメリットは、何といっても自分の家族だけの空間に住んでいるという感覚を持ちやすくなり、ゆとりを感じられる点にあると思います。賃貸なら言うに及ばず、マンションを購入したとしてもどうしても近隣の住人のことを配慮する必要が大なり小なりあります。一戸建てだとそれほど周りのことを機にする必要がなく、精神的にゆとりを持って暮らすことができます。逆にデメリットもあると思います。いろんな土地に住みたいと思っている人にとっては、一戸建てを購入することはお勧めできません。購入には多額の費用と労力が必要となります。一戸建てを購入する時にはそこで一生暮らすくらいの気持ちが必要といえます。賃貸と比較して、住まいを購入するという選択は、一生の範囲で考えると費用の総額はそれほど変わらないと言われています。したがって、どちらが良いかは個人の方の好みだと私は思います。一生住んでもよいという気持ちになれるなら一戸建ての購入をお勧めします。

注目情報